短期間で脱毛できる

脱毛が完了するまでの期間を知るうえで最も重要となるのが毛周期です。医療脱毛もエステ脱毛も毛周期に合わせて施術を行うため、1回の施術で効果を得ることはできません。では、毛周期とは具体的にどんなものなのでしょうか。毛は成長期、退行期、休止期のサイクルがあり、これが毛周期と呼ばれるものです。毛周期は個人差があり、毛の生える部位によっても大きく差があります。その差は数週間から数年と言われています。脱毛を希望することが多い脇や足、腕などの部位は数ヶ月の毛周期が平均です。

脱毛の施術をする際には、毛周期のうちの成長期の毛にしかダメージを与えることができません。成長期の毛は、目に見えている毛の3分の1未満とも言われています。そのため、毛周期に合わせて何度か施術を繰り返すことでほとんどの毛にダメージを与えることが可能になります。

エステ脱毛の場合、照射出力が弱いことから毛に十分なダメージを与えることができません。しかし、医療脱毛であれば照射出力が強いため大きなダメージを与えることができます。そのため、医療脱毛はエステ脱毛よりも短期間で理想の仕上がりとなります。脱毛期間が短ければその分肌に与えるダメージも少なくなるため、肌への影響を少なくしたい場合には医療脱毛が安心です。


《 医療脱毛外部リンク 》
医療脱毛の多くは医療レーザーを使用して脱毛を行っています。医療機関のみでしか使えないので、アフターフォローが充実しているクリニックが多いのも特徴です ⇒ 医療脱毛 レーザー

サブメニュー